福祉情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
看護・介護外国人労働者受け入れ
看護・介護:外国人に門戸 衆院EPA承認  毎日jp

インドネシアとの経済連携協定(EPA)が4月17日に衆院本会議で承認されました。参院でも可決見通しとなることから、早ければ7月には希望者が来日することとなります。
経済連携協定(EPA)とは、自由貿易協定(FTA)が関税など貿易・通商上の障壁を取り除く自由貿易地域の結成を目的とした2国間以上の国際協定であるが、経済連携協定(EPA)は、サービス、人的交流、投資など様々な経済領域での連携・協力を含めたものを言います。
フィリピンが、内政問題もあり、国会での承認に時間がかかっていることから、インドネシアが最初の受け入れとなります。
インドネシアとの経済連携協定(EPA)の看護・介護労働者受け入れに関する概要は下記の通りです。
<概要>
・2年間で1,000人の受け入れ予定
  看護400人・・・インドネシアの看護師資格を保有し、2年以上の実務経験がある
  介護600人・・・大卒又は高等教育機関(3年)の修了者で、半年程度の介護研修を修了者
・来日後、半年間は国内4カ所の研修センターで日本語学習し、特定活動ビザ(看護師3年、介護福 祉士4年)が発行され、ビザの期限内に働きながら資格取得を目指す。
・就労場所は病院か施設で、在宅はなし。
・給与は日本人同等以上。
・資格取得後は上限なしで滞在更新可能
・ビザの期限内に資格取得できなければ、帰国しなければならない。

人手不足に喘ぐ業界内には、下記の記事のような歓迎と不安の双方声が上がっています。


外国人受け入れ、現場は歓迎と不安 人手不足に光/高い言葉の壁  毎日jp

インドネシア人受け入れ 介護現場と政府ズレ  毎日jp

・言葉の問題
・慣習の違いによるトラブル
・資格取得できなかった場合に、職員定着率の低下を招く
等の不安の声が上げられています。

看護協会介護福祉士会が門戸開放には反対しています。潜在的な資格保有者の雇用促進・職場
復帰で賄えるとしていますが、賃金や勤務形態など環境整備が必要となります。
厚生労働省は人手不足解消目的の受け入れを否定し、あくまで特例として日本の労働市場への悪影響を避ける為、受け入れ枠を制限しています。
施設や事業所の経営者側は、人手不足解消の選択肢として前向きに外国人看護師・介護士受け入れを検討していくところも出てくるでしょう。
私見ですが、資格取得まで日本人と同等以上の給与で働きながらとなっていますが、これがきちんと明確になっていません。インドネシアの生活水準は、おおよそ10分の1程度と言われています。ここに安い給与で働かせたい経営者側と安くともインドネシアの水準よりは高い給与が貰える労働者側の利害が一致した場合、どのような影響が出てくるのでしょうか。
最も安い日本人労働者と同等の賃金であれば・・・・・
穿った見方をしてしまいますが、少なくとも日本人を雇用して、不満や文句を言われるなら、安く働かせられる外国人労働者を求めるというような安易な方向に向かないかを懸念してしまいます。
これまでも福祉を食い物にするような輩によって制度が硬直化したり悪用されたりしてきたことは否定できないわけですし、これ自体そういった可能性を含んでいることは確かだと思います。まして介護職の待遇改善が議論されている中で、ある意味逆行する意味合いすら含むことになるのではないかと思ってしまいます。
今後更に高齢化が進む中、介護職の確保に40万から50万人必要になると推定されていますが、まず現在の状況から確保できるかどうかは不透明です。
極端な物言いをすれば、いずれ普通に外国人看護・介護労働者の労働力を必要とするときも来るのだろうと思いますが、現状の待遇、高離職率が改善されなければ、日本人がやらない仕事を外国人労働者に任せるといった流れになるのではないかと考えてしまいます。

そう考えると、現状改善という点では、下記の記事には期待してしまいます。

介護職員賃金アップ法案 自民・民主が修正協議  産経ニュース

あくまで個人的な意見ですが、単に介護報酬を引き上げただけでは、それが即給与・賃金に反映するとは思えませんし、必ず搾取する事業所が出てくると思っています。営利を目的とすることは、必ずしも悪いことではありませんし、事業を継続することもサービス供給という点で大事なことですが、看板を掲げている以上は、社会的な責任が伴うということを忘れて欲しくないです。
職員確保がままならず、受け入れを制限する事業所もある中で、サービスの量が維持できないという状況を考えると、かなり深刻な問題だと思います。
それだけに民主党案には期待するところがありますが、財源の問題もあるので、これが一番いいとは簡単には言えません。


ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aizuintelli.blog28.fc2.com/tb.php/66-0a0447ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。