福祉情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外出支援
家族と要介護者、一緒に外出…NPO、参加家族募集 YOMIURI ONLINE

在宅で介護されているご家族と介護を受けている方(ある程度軽度の方は別として)が外に出かけるということは、いろいろな制限を受ける。
車いすで移動される方は、外出先への移動はもちろんのこと、食事をする場所、トイレなどいろいろな条件がついてしまう。まして家族だけで外出できる方となると更に少なくなる。そう考えると、ある程度介護や支援を必要な状態になると外出できなくなるという方が多くなる。
厳密にいえば、本人の身体などの状態が外出できない状態なのではなく、現在の環境が外出を困難にしているということなのだが、なぜか本人の能力が外出できないものだと決めつけられてしまう。
自分ひとりで外出できなくなったとしても、社会交流や外出支援の場がデイサービスとかいうのはなんだか寂しい気もします。
要介護状態にならずとも高齢になれば、遠出する機会は減ってくる方が多いと思います。もしかすると1年に1度も遠出はしない方もいるかもしれないですが、一概には言えませんが、デイサービスに週2回や3回通える方なら年に1度くらい遠出できるような気もします。

ここ最近は諸事情があってか開催されていませんが、「車いすで奥の細道を散策する会」というものが、有限会社 介護福太郎という福祉用具の事業所で企画・実行されていました。
ボランティアを募り、座敷列車やバスで温泉に出かけたり、観光地をまわったりと、多くの介護を受けている方やそのご家族が参加されていました。
私もボランティアとして参加しましたが、大変有意義なものでした。普段リフト浴や特浴で入浴されている方が、普通に誰でもが入る温泉に浸かる、ボランティアなどの手助けがあれば、簡単に入浴できることに感動した覚えがあります。
決して簡単な取り組みではないですし、スタッフの方も試行錯誤されていましたし、ボランティアもなかなか集まらなかったことも事実です。でも1年に1度くらいならこういったことができるようにも思います。

地域には何人もの福祉のお偉いさんがいるのに、こういった発想は出てこないのですね。制度を理解したり行政に働きかけることで社会を変えていくことも必要であり、大事なことだと思いますが、目の前のこと、当り前のことに気づけなかったら、霞ヶ関と変わりないような気もします。
何年も元気にデイサービスに通ってる方の交流の場が相変わらずデイサービスだけで、ニーズもずっと変わらないなんてあるんでしょうか?

地域での仕事抜きの非公式的なアクションは大切にしていきたいです。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/

コメント
この記事へのコメント
確かに交流の場がデイサービスだけって言うのは寂しいですね。

お年寄り(利用者)に必要な事は「生きがい」ではないでしょうか。
楽しい→また行きたい(やりたい)→頑張ろう!!
他でもない、それらを制限してしまっているのは介護に関わる人なのではないでしょうか。

やりたい事(ニーズ)に最大限応え支援していく事が「生きがい」に繋がっていくと思います
2009/02/02(月) 09:08:41 | URL | パパちゃん #-[ 編集]
パパちゃんさんへ
人間の欲って、満たされれば更に大きくなるものだと思います。生きる意欲、つまり生きがいって増えていくものだと思いますが、ここまでで十分という線引をしてしまっているのは、パパちゃんさんがおっしゃるとおり介護に関わる人なのかもしれませんね。
2009/02/02(月) 23:59:05 | URL | あいづのふくし #-[ 編集]
はじめまして。

ケアウェルと申します。
ブログサーフィンをして、いてこちらに伺いました。

現在、在宅のヘルパーと、また、自宅で飼っている犬を連れて施設を訪問するボランティアもしております。

現場で働いていても、ボランティアとして活動をしていても、外との接点をいかに多くしていただく事が大切かが、よく分かります。

介護の仕事に就くもとして、お年寄りの方の「笑顔」を引き出せるよう、仕事に臨みたいです。

私も、ブログを書いております。
良かったら、お越し下さいませ。
2009/02/08(日) 23:48:20 | URL | ケアウェル #-[ 編集]
ケアウェルさんへ
訪問・コメントありがとうございます。
社会との交流を支援することも介護保険の大きな役割だと思います。サービス利用をきっかけにして、社会参加への意欲や機会を増やしていくことが大事だと思います。
介護保険のサービスで、たとえそれが施設であったとしても、その人の人生を受け止めることはできないと思います。
だからこそ、家族であったり、地域であったり、ボランティアなどのインフォーマルの部分が大事だと思っています。
2009/02/12(木) 03:45:02 | URL | あいづのふくし #-[ 編集]
こんにちわ、ケアウェルです。

ブログにお越しいただき、ありがとうございました。

私がブログを始めたきっかけは、
初めて介護をされる方や、介護をされている方、
そして、介護の職についている方、などに
私の経験が、少しでも参考になれば…と、思ったことからでした。

しかし、介護は個々の利用者さまそれぞれに違うので、
その方々のケアにあたる難しさを、目の当たりにもしています。

4月から、ケアマネとして職種の変更での現場となりますが、
また、一からの勉強です。
研修…今週末が最後の2日間で、実習の発表です。


追伸
リンクをはらせていただきました。
これからも、よろしくお願いいたします。
2009/02/20(金) 11:03:51 | URL | ケアウェル #-[ 編集]
ケアウェルさんへ
リンクありがとうございます。
大変参考にさせて頂いております。
4月からケアマネをされるんですね。大変だとは思いますが、ぜひ頑張ってください。
2009/02/23(月) 01:55:25 | URL | あいづのふくし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aizuintelli.blog28.fc2.com/tb.php/114-9b0ea3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。