福祉情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護福祉士
もうすぐ介護福祉士の実技試験が行われます。
先日の筆記試験に合格された方は、喜びもつかの間で、今度は実技試験の対策におわれていることと思います。
さて、先日ケアの楽校主催の、介護福祉士実技試験対策講座にお邪魔してきました。
皆さん真剣に過去の試験内容等を振り返っていました。

来週の2月23日(月)19:00~再度試験対策講座を開催されるそうなので、興味のある方、試験に不安を持たれていて、とにかくなんでも参加したいという方は、ケアの楽校のHPをご覧になってください。

DVC00038_convert_20090220031636.jpg

受験予定の方は是非試験頑張ってください。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/


スポンサーサイト
認知症チェック
薬局で認知症チェックへ、窓口で「今日は何日?」と質問 YOMIURI ONLINE

今年の4月から日本薬剤師会が認知症の早期発見・治療につなげることを狙いとして、薬局窓口で質問等を行っていくそうです。
服薬による症状の可能性もあったりするので、服薬チェックし、認知症の疑いがあれば、本人や家族の同意を得たうえで、地域包括支援センターに情報提供していくとのこと。
包括への情報提供に関して、本人・家族の同意といった部分ですんなりいかなかったり、もしかしたらトラブルになったりする可能性もないわけではないですが、専門的な知識を持った薬剤師がこういった取り組みをしてくれるというのは、心強く感じます。
発見が遅れれば、適切な対応がされない可能性が高く、更なる悪化など、本人にとっても周囲にとっても良くない状況が作り出される可能性が高くなるだけに、早期発見は重要だと思います。

よく各職種の連携が大事といわれますが、仲が悪くて連携が取れなかったり、別な職種を見下したり、自分の立場や感情だけを主張したりと、支援すべき対象を中心として各職種が繋がりあい、支援の対象について話し合ったり、議論したりするはずが、いつの間にか支援の対象が置き去りなんてことをたまに目にします。
その時点でもはや支援ではなくなってしまうように思うのですが・・・・・・
誰が主役なのか、それは医師でも看護師でもケアマネでも介護士でもなく、まして家族でもない。まぎれもなく利用者なのですが、ときにそれが忘れられてしまったり、主役でなくなっていることに周囲が気づかずに支援されていることは残念です。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/

逮捕の介護福祉士
逮捕の介護福祉士、職場では「真面目」 愛媛女性殺害 産経ニュース

今回はあまり介護関連に関係するものではありませんが、ちょっと感じたので書いてみました。
犯罪・交通事故等の記事によく見かけることなのですが、被疑者の職業や資格での見出しに関してです。
今回の事件に関して、被疑者の残忍性などは理解できませんし、人間として決して許されるものではありません。
ただ記事の見出しに関して、利用者からの窃盗や利用者への暴行・殺害など業務上におけるような犯罪等なら理解もできるのですが、いわば個人的な部分、人間としての資質や人格という部分に関して職業や資格を絡めた記事の掲載の仕方はいささか疑問を感じます。私の知人も事故を起こした際に、新聞に「介護福祉士が交通事故」と掲載されました。
この手の書き方をされるのは、医師・弁護士・公務員など、世間一般的に地位が高い職業や厳しい倫理観を求められる職業が多いと思います。
個人的には会社員という表記でもいいような気もしますし、こういった記事の見出しの書き方に関して言えることですが、真面目に働いて、真面目に生きている人にとって迷惑のような気がします。
「弱者を支援する職業にありながら・・・・・・」ということを言いたいのでしょう。
高齢者を援助する高齢者福祉に関わる人間には、それだけプライベートにおいても厳しい目を向けられるということを表していると思います。
その割にはいささか弁護士や医師等と異なり、社会的な地位は高いとは言えないでしょう。

話は逸れましたが、今回の事件に関して同じ業界の人間として残念なのではなく、一人の人間として
許されざる行為だと思います。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/

外出支援
家族と要介護者、一緒に外出…NPO、参加家族募集 YOMIURI ONLINE

在宅で介護されているご家族と介護を受けている方(ある程度軽度の方は別として)が外に出かけるということは、いろいろな制限を受ける。
車いすで移動される方は、外出先への移動はもちろんのこと、食事をする場所、トイレなどいろいろな条件がついてしまう。まして家族だけで外出できる方となると更に少なくなる。そう考えると、ある程度介護や支援を必要な状態になると外出できなくなるという方が多くなる。
厳密にいえば、本人の身体などの状態が外出できない状態なのではなく、現在の環境が外出を困難にしているということなのだが、なぜか本人の能力が外出できないものだと決めつけられてしまう。
自分ひとりで外出できなくなったとしても、社会交流や外出支援の場がデイサービスとかいうのはなんだか寂しい気もします。
要介護状態にならずとも高齢になれば、遠出する機会は減ってくる方が多いと思います。もしかすると1年に1度も遠出はしない方もいるかもしれないですが、一概には言えませんが、デイサービスに週2回や3回通える方なら年に1度くらい遠出できるような気もします。

ここ最近は諸事情があってか開催されていませんが、「車いすで奥の細道を散策する会」というものが、有限会社 介護福太郎という福祉用具の事業所で企画・実行されていました。
ボランティアを募り、座敷列車やバスで温泉に出かけたり、観光地をまわったりと、多くの介護を受けている方やそのご家族が参加されていました。
私もボランティアとして参加しましたが、大変有意義なものでした。普段リフト浴や特浴で入浴されている方が、普通に誰でもが入る温泉に浸かる、ボランティアなどの手助けがあれば、簡単に入浴できることに感動した覚えがあります。
決して簡単な取り組みではないですし、スタッフの方も試行錯誤されていましたし、ボランティアもなかなか集まらなかったことも事実です。でも1年に1度くらいならこういったことができるようにも思います。

地域には何人もの福祉のお偉いさんがいるのに、こういった発想は出てこないのですね。制度を理解したり行政に働きかけることで社会を変えていくことも必要であり、大事なことだと思いますが、目の前のこと、当り前のことに気づけなかったら、霞ヶ関と変わりないような気もします。
何年も元気にデイサービスに通ってる方の交流の場が相変わらずデイサービスだけで、ニーズもずっと変わらないなんてあるんでしょうか?

地域での仕事抜きの非公式的なアクションは大切にしていきたいです。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。