福祉情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身体拘束について(定例会から)
先日ケアサークル「あいづ ケアの楽校」の定例会に参加させていただきました。
今回のテーマは身体拘束についてでした。
定例会での中身について、詳しくは下記アドレスをご覧になってください。

http://gakko.whynot-net.com/gakko/


DVC00020.jpg
定例会の様子


話し合いを通じて感じたことは、身体拘束そのものの是非は別として、身体拘束というものが必要なのか、そうではないのか、一体身体拘束というものはどういうことであるのかということの議論が事業所単位、現場単位での議論が不足しているようにも思いました。一概に悪とすることもできない事例もありました。
残念ながら、不必要な拘束衣の着用、手がかかるからという理由での拘束など不適切な悪しき慣習がないとは言えない一方で、重箱の隅をつつくようにほんの言葉かけさえも身体拘束としてしまうこともあります。
人権無視、非人間的扱いそんなことが当然のように、なんの疑問ももたないままされてきたことが、突然介護保険の施行とともに禁止。果たして急に昨日までの常識を今日から非常識に変えられるのでしょうか?
結局きちんと議論されてこなかった結果、4本柵はダメだが、3本柵はいいとか、子どもの屁理屈のような話がされている現状があるように思います。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/

スポンサーサイト

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。