福祉情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生活保護「通院移送費」
ここ最近PCにむかう時間が少なく、更新が滞っております。
記事元もちょっと前のものになります。

「事実上撤回」生保受給者の通院交通費の削減通知 CBニュース

以前記事にもアップしたのですが、

http://aizuintelli.blog28.fc2.com/blog-entry-68.html

大幅に制限される予定であった通院移送費支給厳格化が、事実上撤回されることとなりました。
舛添大臣が、
通院移送費の支給基準や範囲について、夜間で電車やバスなどがない時間のタクシー利用も検討できるようにするなど、解釈を柔軟にする内容の社会・援護局保護課長通知を同日付で作成したことを明らかにした。
とのことですが、自治体にはマニュアル通りに動けても、柔軟な対応なんてもともとないのですから、柔軟な対応というものをマニュアル化してもらえるとありがたいですね。

そもそも支給の厳格化の前に、不正受給を取り締まることが先だったのであり、順番が間違っていたことは明らかだったと思うのですが・・・・・

おまけです。

横領:青梅市職員が生活保護費180万円、懲戒免 市、紛失発覚後も見逃す 毎日jp

ただ呆れるばかりです。

最後に

「肩の荷がおりました」元生活保護受給者が100万円恩返し 産経新聞

ちょっと前の話ですが、心洗われる話です。
セーフティーネットとして、人を活かす制度であって欲しいと思います。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/


スポンサーサイト

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

生活保護
生活保護受給者の通院交通費、大幅制限 厚労省が新基準  asahi.com

ちょっと前のニュースになりますが、厚労省が今年度から生活保護受給者の通院移送費の支給に大幅に制限する新たな基準を示しました。

一般的な支給に該当するのが、

・災害現場から緊急搬送する場合
・離島等で対応できる最寄りの医療機関に搬送する場合
・移動困難な患者であって、医師の指示により転院する場合
・移植手術を行うための臓器等の摘出を行う医師等の派遣、臓器等の搬送を行う場合

の4ケースに限定されます。
上記以外のケースに関しては、個別に内容を審査し、身体障害者で交通機関の利用が困難、へき地等に在住し、交通費が高額になる場合などが例外的な支給として位置付けられますが、通院先は原則、在住の管轄の福祉事務所管内となります。

そもそも生活保護は国民生活の最後のセーフティーネットになる制度であり、その運用には、
・保護を受けるべき人が保護を受ける(漏給防止
・保護を受けてはならない人が受けない(濫給防止
・保護を受けている人の能力に応じた自立を図る(自立支援
ということが求められます。

皆さんご存じかと思いますが、今回の基準変更にあたり、影響を与えたのは下記の事件です。

生活保護費詐欺事件で4人を起訴  北海道ニュース

札幌市からも通院交通費…生活保護詐欺  YOMIURI ONLINE

飛行機で通院、生活保護受給中に交通費438万円  産経ニュース

上記の事件は、わざわざ基準を見直して、大多数の受給者にも影響を与えなければ防げない事件で、基準を見直さなければ今後こういった事件が起こることを防げないということなのでしょうか?
ごくごく一般的な常識を持ち合わせていれば、十分に防げた事件だったと思いますが・・・・

基準の見直しは、行政・自治体の職員が、無能であり、無責任であり、怠慢であるから、基準を厳格化しなければ、不逞の輩を見抜くことも、見抜いても何もしなければ、何もできませんということを表しているんですよね。

保護を受けるべきでない人が保護を受け(濫給促進)、
保護を受けなくてはならない人が受けられず漏給拡大)、
保護を受けている人の能力に応じた自立を妨げる自立妨害

そんな保護行政の支給基準を見直す前に、一般的な常識も持ち合わせていない行政・自治体の職員の意識変革することが先ではないでしょうか。


ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

生活保護
滝川介護タクシー詐欺:市長「補助金返還に市税使わぬ」

北九州方式などという弱いものいじめをしたかと思うと、暴力団の手助けなど行政のレベルの低さには頭が下がります。何の為に仕事をしているのでしょうね。「税金で飯食ってるくせに」などとは言いませんが、非効率・非生産性に加えて、馬鹿な行いは勘弁して欲しいと思います。田舎に行けば行くほど、偉いと勘違いする馬鹿な職員さん、せめて仕事だけはきちんとして欲しいものです。圧力かけて、順番無視して、施設に入所させたり、結構やりたい放題です。どうして役場や市役所にはこういう馬鹿が多いんだろうと日々疑問を感じます。

税金を投入しないのは当たり前。自分たちの組織の不始末は自分たちで始末つけるしかない、それは常識です。民間でしたら会社は潰れるのですから、給料でも賞与でもカットしてきちんと返還してください。

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。