福祉情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高齢者虐待の統計
高齢者虐待は息子が最多 中国新聞

広島県で2007年度に家庭内で起きた虐待についての統計が出ています。
やはり虐待は身体的な虐待が最も多く、そして加害者は、

1.息子
2.配偶者
3.娘


の順になっています。

そして被虐待者の8割は女性です。

家庭内の虐待の多くは、介護からのストレスが考えられます。
どれだけ周囲(家族・ケアマネ・事業所)が介護者の苦しみや苦悩を理解し、受け止めて、適度な休養やストレスを発散できるような環境を整えるかが重要です。

本人だけでなく、家族も支えられるような事業所間の連携や情報共有が大事になると思います。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/






スポンサーサイト

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

高齢者虐待事件
65歳入所女性にわいせつ行為 介護施設の37歳男逮捕 産経ニュース

特養ホーム職員が入所者殴打…解雇 毎日jp

最近やたらと福祉従事者の事件が聞かれるようになりました。
これは増えているのか、それとも氷山の一角が表出してきただけなのか疑問です。

いずれも家族が発見・通報したものですが、もし施設が把握した場合にはどのような対応をしていたのか興味深いところです。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/


テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

専門職の虐待
介護士6人 患者に暴行 健和会系病院 2人解雇、4人処分 北九州市  西日本新聞

介護士ら、患者を 北九州市が病院立ち入り検査 /福岡  毎日jp

内部告発によって事件が明らかになったものですが、本来利用者を保護する立場にある病院や施設でこういった事件が起こることは残念でなりません。
そしてなによりこういったことが、内部告発によって発覚することがほとんどです。

「養介護施設従事者等は、従事者等による高齢者虐待を受けたと思われる高齢者を発見した場合は、速やかに、これを市町村に通報しなければならない。」

高齢者虐待防止法(高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律)にはこう規定されておりますが、ほとんどの場合、病院や施設で虐待の事実を把握していても内部処理で済ませるところが多いと思います。
内部処理は結果として、隠蔽と捉えられることもあり、世間一般の常識と病院・施設内の認識のズレがあるとそのようになることもあると思います。

利用者・患者の人権を考えた場合、

誰に謝罪するのか?
誰が許すのか?
誰が裁くのか?

それはけっして組織が許せば許されるというような、内部で収まることでないと思いますし、まして収めてはいけないことだと思っています。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/



テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

高齢者置き去り
無届け老人ホーム、入居者6人置き去りで事業放棄…福島  YOMIURI ONLINE

「生命の危険も」改善命令  YOMIURI ONLINE

老人ホーム調査強化へ  YOMIURI ONLINE

衝撃的な事件です。
無届の有料老人ホームで、ほとんど歩行ができない6人の入居者が置き去りにされていた件ですが、常識では考えられないことです。男性従業員が自己判断で11日間世話をしていたとのことですが、これがなかったら、もしくは発覚するのが遅かったら、この方たちの生命はどうだったのでしょう?

県でもその運営実態を掴めていないということですが、こんな簡単に人の生命を危険に晒すことができる事業所が、平然と高齢者を入居させていたことを把握できていなかったことに驚きを感じます。

通常の相場よりも不可解に低い月額利用料といい、徹底した調査をして頂きたいものです。また、このような無届事業所の洗い出しも早急に行い、二度とこのようなことが起こらないことを願います。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


HP あいづのふくし
http://aizuintelli.web.fc2.com/

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

高齢者虐待
ホーム理事長、認知症女性の預金引き出す  YOMIURI ONLINE

茨城県のグループホームを運営するNPO法人の理事長が、認知症の女性入所者の通帳から、数回にわたり現金を引き落としていたという事件です。
同じ高齢者福祉に携わる者として呆れるほかありません。
こういった輩は何を目的として法人を設立して、施設まで建てたのでしょう?

少し前にも、

高齢者虐待で指定取り消し 岡山・津山のグループホーム  asahi.com

というようなことがあり、虐待を理由に4月いっぱいで指定取り消しとなることになっています。
理事長は、「事実無根」と否定しており、真相の方は、はっきりしていませんが、体重が全員減少し、10kg以上の体重減少者が5人のうち3人いるということで、普通でないということはいえるでしょう。
その他、勤務実績などで虚為の報告をしていたこともありますので、虐待に関する否定も信憑性を疑われるところです。


高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律

2006年4月より、通称高齢者虐待防止法が施行されました。
虐待の定義とは、

・身体的虐待(暴行等)
・養護を著しく怠ること(ネグレクトなど)
・心理的虐待(心理的な外傷など)
・性的虐待(DVも含む)
・経済的虐待(搾取等)


の5つに分類されています。
茨城のグループホームの搾取・横領のケースは経済的虐待、岡山のグループホームのケースは養護を著しく怠るに該当します。

下記に厚労省がまとめた、高齢者虐待に関する調査結果がありますので、ご覧ください。

平成18年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等

過去の高齢者施設等における主な虐待事件
・2004
北海道の特養で、数名の職員の入所者に対する日常的な身体的な虐待が、職員による内部告発によって発覚。度々虐待を受けて、硬膜下血腫で入院した利用者の家族も施設を訴える。ちなみに虐待の当事者はその後昇格する。
・2005.2
石川県のグループホームたかまつで、入所者の女性にファンヒーターの熱風を当てて顔や腹部にやけどを負わせて死亡させる。夜勤専門の職員による犯行。
・2006.1
東京都の特養で、男性職員2人が女性入所者に対し性的な虐待発言をしていることが、家族がテープレコーダーを設置し、その録音内容から発覚。以前より家族はケアの内容に不信感を持ち、度々改善を訴えていた。

いずれにしても上記の虐待ケースが氷山の一角でないことを祈ります。
一部の輩によって起こされた事件によって、NPO法人やグループホーム、そしてこの業界自体にこういったことがあるのではないかと疑念をもたれることが恐ろしいことです。

そして誰しもが思っていることは、
今回の2つのグループホーム外部評価を受けていますが、いずれも悪い評価ではありません。
外部評価が施設選択の基準に全く役に立っていないことを証明してしまった
ということではないでしょうか?


ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=253597

http://blog.with2.net/link.php?590714


テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

介護士逮捕
勤務先で高齢女性から1万円 容疑で介護士逮捕

こういったニュースにはがっかりさせられます。
盗まれた方はもちろん、真面目に働いている同業種ひとたちに対して失礼ですね。

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

高齢者虐待
「高齢者虐待防止法」違反で初逮捕、調査に抵抗の43歳女

初の逮捕者が出ました。
2006年施行以来これまで逮捕者がいなかったことが不思議です。
児童虐待と比べ、少し関心が薄いように感じられるのは私だけでしょうか?
高齢者虐待の定義は、身体的虐待・養護を著しく怠ること・心理的虐待・性的虐待・経済的虐待とされています。
意識的にしろ、無知からくるものにしろ、いずれも周りを見渡すと何人か当てはまる節がある方はいるとみなさん思われると思います。
H18より包括支援センターが設置されましたが、高齢者虐待ケースの対応など、包括支援センターが予防プランセンターになってしまわない機能を期待したいものです。

虐待からは少しずれますが、介護者が介護疲れの末に殺人を犯してしまうという事件が度々聞かれます。児童虐待で逮捕される腹立たしい無知・無責任な親と比べ、介護して、面倒みて、追い詰められた結果、殺人を犯してしまうというこの悲劇には、胸が痛む思いです。各サービス事業所がどのように関わっていくか?こう考えていくことでも悲劇は減らせるのではないかと考える日々です。

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

母親絞殺
痛ましい事件です。
こういった事件が起こる度に、どうにかできなかったものかと思ってしまいます。
特に認知症を抱えたご家族をみると、全ての方ではありませんが、介護負担というものに対してこんなにも家族関係が脆いものかと感じざる負えません。
ゆとりや余裕がないといかに人間が思いやったりできなくなってしまうのかと考えてしまいます。
物理的な面(サービスなど)はもちろん、精神面的にも家族を支えられるように、各事業所が連携していけば、こういった事件は少しでも減らせるのではないかと思っています。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080108090857.asp

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。